本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 0125-54-0110

〒073-0132 砂川市東2条南5丁目1番1号

署長あいさつ

 

6月署長メッセージ


           

 砂川警察署のホームページにお越し頂きありがとうございます。
 署長の中川です。
 ピンネシリの冠雪も頂上付近に一部を残すのみとなり、水の張られた水田に植えらればかりの苗が、大きく成長して秋には豊かな恵みとなることが今から楽しみです。
 
 6月6日は、砂川市の「飲酒運転撲滅の日」です。
 「街路灯が折れて車道を塞ぎ、付近には焼けた車両と焦げた臭いが漂っていました。車道上には紙のチラシが散乱しており、暗闇の中で目をこらすと遙か先に原形をとどめていない車がありました。事故発生直後なのに周囲は静まりかえり、そこだけ時間が止まっているように感じました。」
 平成27年6月6日午後10時34分、一家5人が乗った車両に、飲酒運転でスピードを競っていた2台の車両が赤信号を無視して衝突。4人が死亡、1人が重体となる誠に痛ましい交通事故の現場に、当時、一番最初に到着した警察官は、現場の状況をこう表現しています。

 あれから4年、「あの痛ましい事件を二度と起こさない」という強い決意を胸に、地域の皆さんと一体となって飲酒運転根絶に向けた取組を強力に進めてきました。
 しかしながら、残念なことに道内における飲酒が絡む交通事故は、本年中、既に41件(5月28日現在、概数)発生しています。あの事故が徐々に過去のものとなっていくことは絶対にあってはなりません。

 飲酒運転は、幸せな家庭を一瞬にして絶望の淵へと追いやります。
 当署には、被害者と同学年の若手が警察官として勤務しています。もしあの時、飲酒運転が撲滅されていたら、いま被害者は、この若手警察官と同じように社会の一員として、その夢を実現させるため日々努力していたことでしょう。無念でなりません。
 飲酒運転を「しない。させない。許さない。」を合言葉に飲酒運転を撲滅すると共に、交通死亡事故ゼロが5千日、1万日と続くよう住民の皆さんと力を合わせて行きたいと思います。
 


令和元年6月
札幌方面砂川警察署長
中川 隆利